So-net無料ブログ作成
検索選択
闘病記録 ブログトップ
前の20件 | -

新年・・・ [闘病記録]

今年はクロベエの事があるので、年頭の(お決まりの)ご挨拶は無しですが、本年もうさねこ共々宜しくお願い致します。初詣は行く予定・・・うさぎな調神社とねこな豪徳寺辺り。引き続きクロベエの事を思いながら、自分の思う事を素直(開き直りとも言う?)に綴っていきたいと思います。皆様のHP&blogへも巡回(覗き見?)&勝手に一言?で遊びに行きたいと思います。去年もゆく年くる年を見ながら、本当にあと少しでクロベエと一緒に過ごした2005年が終わってしまうって複雑な思いでしたが、新しい年に変わった途端、なんだ時計の針がカチッと言った(変わった)だけ、クロベエへの思いは何も変わってない事を実感した。

と、過去に生きるつもりは無いけど(過去と現実の狭間辺りにしようかな!?)、早速・・・今年の1月には先代ニャンのにっちゃんが亡くなって7年。同じ命日を選んだ(これなら俺の命日絶対に忘れないだろうと言ってるはずだから)父が3年。母が12月だったので、改めて家ってこういう事は暮れとか年始めの慌しい時ばっかりだったのねって思ってしまった。でも、先代ニャンの7年前の事がまだ昨日の事のように感じられるって事は、クロベエの事なんか1秒前位(もっと短いかな)って事だよね・・・。

 毎年恒例 マー君の鏡餅

おばうさの迫力にはかないませんが、マー君ますます鏡餅に近づいたんじゃないかしら~

 ムー君には獅子舞いを舞って頂きました・・・

と、まだ他にも今年もうさねこ達にお正月早々頭乗せ~のお仕事をやって頂きましたが、今日は恒例の新年会なのでこのへんで・・・。うさぎの話はしないで(聞かないで)欲しい・・・と言うより、私は絶対にしないつもり!

新しいデジカメはやっぱりPCカードで読み込むと快適♪


nice!(6) 
共通テーマ:ペット

black and white [闘病記録]

何となく毎日忙しなくなりました。お天気のいい時にあれもこれも、お買物もとしてたらちょっとオーバーワーク気味。でも、忙しさに紛れてても、しっかり毎日クロベエの事は思ってる。昨日の夜は、いつものようにお部屋の中を走り回ってるマー君を見て、家人が言った言葉がよくクロベエがお部屋の中をウロチョロしてた時に言ってた言葉だったので、それを聞いた途端クロベエがお部屋の中を歩いてる姿を思いっきり思い出して涙。。。 やっぱり、まだちょっとした事でも感情を抑えられない。きっと、長い長い時間が必要なんだと思う・・・。

 今朝のうさねこ風景

クロベエのすぐ下の弟達のマー、ミー、ムー(マー君、ミー君、ムー君)

と、日々色々やりながら、思いながらも、今凝ってる(集めてる)のは黒と白? クロベエの想い出にと黒うさグッズと、クロベエが亡くなった時、何かお花が欲しいと買ったのが白いシクラメンだったので、その後白いサザンクロスと白い実がなるワイルドストロベリー、ローズマリーを買った。今、白いミニバラも買おうかと思ってる。考えてみるとクロベエも真っ黒うさだったけど、左のお手々の先は白。上のマー、ミー、ムーも黒と白・・・。

 白花サザンクロス(南十字星)

毎晩、星を見てはクロベエの名を呼んで、思っていたので"星に願いを"の白いサザンクロス(ピンクはあるの)が欲しくなった・・・。そして、ちょうどこの時期にうさ部屋の窓の真正面(上)に見え、クロベエを思う星達は、ベテルギウス(オリオン座)、シリウス(おおいぬ座)、プロキオン(こいぬ座)の冬の大三角になってる。


nice!(3) 
共通テーマ:ペット

黒うさ [闘病記録]

ここの所めっきり寒くなりました。そろそろ早めに大掃除の走りもと思いお片付けをしていたら、365カレンダーが届いた。カレンダーを開いて、涙でクロベエが見えないと1人で騒ぎながら、クロベエはもう居ないんだと現実として受け止められる瞬間があったり、でもその次の瞬間には、これはやっぱり何かの間違い、夢じゃないかと、どうしてクロベエだけが居ないのかと思う。最近は、毎日ムー君の所に行ってはその真っ黒いお顔を見て、クロベエ帰って来たって聞くのが日課になった。そして、以前にも書いたけどすっかり配置を替えたつもりのうさ部屋の、今ムー君のいる位置がクロベエが居た場所と全く同じで、そのサークルのクロベエがいつも居た所を見ては、心の中でクロベエを見る(思う)。でも、クロベエと暮らした日々はまだよく思い出せない(振り返れない)・・・。

クロベエの所に飾ってあるポインセチアと、これも先代ニャン亡き後と同じで今黒うさグッズを集め出した。先代ニャンのにっちゃんが居なくなってからも、私の猫が居ないとネコグッズを集めてた。やっぱり、こんな所まであの時と全く同じ・・・。明日また新たに買った、黒うさグッズが届く。

 来年のカレンダー

今はうさぎめくりもねこめくりも出来そうに無いので、イラストのカレンダーを買った。


グーちんの去勢手術は無事終わったけど、食欲がかなり落ちてるのが気に掛かる・・・。お薬もムー君より飲んでくれない。粉薬を付けたお野菜は食べないし、チンゲン采の中にお薬を入れて巻いてお口の前に持っていったら、ブーって怒られて手で叩かれた・・・恐いの!(臆病だけど気が強く、気性も1番荒く激しいの)。去勢手術と言っても、それそれ術後の経過は違いムー君の場合、術後とくかくお水を凄く飲んで、オシッコもおトイレ以外のゲージの角にも何度もしてたので、翌日ゲージの下に溜まったオシッコの量は半端じゃなかった。グーちんの場合それは無く、術後すぐ後もムー君よりペレットも食べてた感じだったけど、今日はお野菜、ペレットも殆ど口にしない。圧ぺん大麦はあげると食べてた・・・。

去勢手術はこの2人が初めてで、マー君もお家に来たばかりの頃は、おばちゃまうさに女の子を感じたのか(いくつ歳の差があると思って?)、おばハウスの前に行くとたまに飛びシッコもしてたけど、大きくなったらそれも問題は無くなった。クロベエの場合はうさぎさんじゃないので、他のうさ達にも全く興味無しなので飛びシッコなんて問題外。前にも書いたけど、先代ニャン亡き後お家に来たクロベエは、うさぎさんとしてではなく、先代ニャンと同じに放し飼いの猫と同じ感覚で一緒に暮らし、にっちゃんにやってあげられなかった事、その分も父と私に可愛がられてきたと思う。だから、きっとクロベエも自分でもうさぎさんだと思ってなかったはず。うさぎさんはお月様に帰ると言うけど、クロベエは先代ニャンと同じにお星様になって、虹の橋で私を待っててくれてると思う。今、夜になると窓のちょうど真ん中、真上に見えるとってもキラキラ輝く星を見るたび、そこにクロベエが居るような気がして・・・。


nice!(2) 
共通テーマ:ペット

モノトーン [闘病記録]

あの日からそろそろ1ヶ月・・・。でも、私にとっては何日、何ヶ月と言うより、永遠に日曜日が来るたびクロベエとお別れしてるみたい。気持も思いも悲しみも、まだあの時のまま、時間も止まったまま動かない。クロベエと私だけの世界・・・。

うさ部屋に、クロベエが居ないのが不思議な気がして・・・。やっぱり全体の微妙なバランス、カラーも変わってしまったような気がする(カーテンも替えてみた)。そして、マー君やムー君の中にクロベエの面影を探しながら、やっぱりクロベエのお顔を見たいと、会いたいと願う(まだ、本当は辛くて思い出せないのに・・・)。本当に優しい子だった・・・。思えば、先代ニャンが逝ってしまった時からもそうだったように、これからも出会う(一緒に暮らしていく)猫達やうさ達の中に、先代ニャンにっちゃんやクロベエを探し、求めていくんだろうな。

うさぎ(ムー君)、ねこ(ミー君)、ねこ(チビちん)♪

ムー君(2.34k)は体が大きいので、ニャン達と一緒にしても安心って感じなので、今度からひなたぼっこの新メンバーになりそう。マー君(1.36k)はチョコマカ動くので、ニャン達には目の毒(お手々出すし)。

 明日去勢手術のグーちん

明日、グーちんの手術も無事に終わって、飛びシッコし放題だったベランダも綺麗に洗ったので、これでお家の「飛びシッコ野生組」も落ちついて、食欲も極端に落ちたりしませんように・・・。念の為、今回は生牧草(骨盤骨折した後、食欲が落ちた時でも生牧草は良く食べてたから)も注文しようと思ってる。

 明日で手術から一週間のムー君

あれから飛びシッコは落ち着き、元気もますます凄いんだけど(暴れちゃって?)、お家で1番大食い●自慢のムー君でも、牧草は好んで良く食べてるけど、ペレット、お野菜は今日現在も以前のようには食べてない。やっぱり、うさぎさんはデリケートで難しいね。お薬(粉末)は最初の3日間は、チンゲン采の中に入れて巻いてあげると、お薬の所になると変なお顔して食べるのを一瞬止めるけど、何とか飲んでくれたが、その後残りの2日分はお薬の付いたお野菜は決して口をつけようとしなかったので、結局5日飲ませる抗生物質は3日しか飲んでない。でも、その感じはちょっとクロベエを思い出す。やっぱり、先代ニャンにっちゃん(の一部)が、クロベエの中に入って私の元へ帰って来てくれたように(と私は今でも思ってる)、クロベエの一部も同じ黒うさムー君と、最近特に撫で撫で大好きうさ度が上がったマーくんの中に入って帰って来てくれたのかなと思う瞬間がある。でも、やっぱりクロベエに会いたいよ・・・。


nice!(3) 
共通テーマ:ペット

December [闘病記録]

12月、大好きだったWATERBOYSのDecemberを思い出す。やっぱり「THIS IS THE SEA」でも買おうかな。優しい曲が聴きたいな・・・。ちょっとお部屋の模様替えでもしようかと、カーテンも新しくしてみた。お空のブルーとクロベエの黒と白(のチェック)どっちにしようかと思ったけど、やっぱり今の気分は落ち着いたモノトーン・・・。

ちょうど1ヶ月前の今日、クロベエと最後に一緒に病院へと通った日・・・。月曜日にミー君、火曜日にムー君を病院へ連れて行って、クロベエと通った道を通り、心の中でクロベエにもうこんなに紅葉して、落ち葉もいっぱいだねと話しかけながら、本当にもう2度とクロベエと一緒に歩く事は無いんだと思う・・・。毎日いつもと同じにクロベエの名を呼び、話しかけ、クロベエの事を思うけど、本当はクロベエの姿はよく見えなくて、遠くに微かにその姿を見るだけ・・・。もっとよく見ようと(思い出そうと)すると、もう1人の私が思い出したくない、絶対に思い出さないって叫ぶ。そして、クロベエにいつかきっとクロベエの姿をハッキリ見られる(思い出す)時までゴメンねをする。それでも、クロベエの事はいつも思って、決して忘れはしないからね。これからも、ずっと・・・。

 

去勢手術後のムー君・・・

ムー君の去勢手術は、どうやら今の所特に問題も無く、無事に済んだ様子。傷口が治るまで、下にプラマットと牧草も敷いてあげた。でも、ニャンの去勢と違ってうさぎさんのはちょっと痛々しい感じで(傷口とか)、やはり手術後は食欲が落ちたり、手術の後が腫れるのか色々大変かな。手術後、お家に帰ってからもペレットは全く食べず、お野菜はあげると食べたけど、お水ばっかり飲んでオシッコもおトイレ以外の所で何度もしてしまったので、次の日ゲージの下に溜まったオシッコの量は凄かった。昨日の午前中もそんな感じで、あの元気いっぱい乱暴者のムー君もこんなに大人しくなっちゃったのかなと、寂しいような心配もしたけど、だんだんいつものムー君に戻って、今日は餌入れは引っくり返そうとする(お水入れは引っくり返した)は、中に敷いてあげた牧草はガリガリ引っ掻き回すは、かじり木はぶん投げるはと、以前と同じみたい・・・。今の所は大丈夫だけど、本当に飛びシッコも大丈夫なんだろうか・・・。来週の火曜日は、グーちんの去勢手術の予定。これで、本当に我が家の飛びシッコ問題は無事解決するかしら?


nice!(4) 
共通テーマ:ペット

クロベエの忘れ物・・・ [闘病記録]

クロベエが膀胱炎・ヘルニアになった頃から、特に食べ始め大好きだったサラダ菜。クロベエが食べるようになってから、私も一緒になって食べてたので、買物に行くといつも1度に5個は買ってて、たまたまサラダ菜が当たるキャンペーンをやってたので、クロベエにサラダ菜当たるといいねってハガキを何枚か送って、あれっきり忘れてたらそれが当選したらしくサラダ菜とお野菜が送られてきた。でも、これは本当はクロベエが食べるはずだったんだよ・・・。クロベエの為にハガキも出したのに・・・。クロベエが居ないんじゃ当たっても嬉しくないよ。食べに帰っておいで・・・。

最近、他のうさ達を撫でたり、遊んだりしてると、本当は誰よりも1番撫でてもらうのが、声を掛けてもらうのが大好きだったクロベエが、どうしてここに居ないのかと今でも信じられないような、もう撫でてあげられないのが悲しいのと、それをもうしてもらえないクロベエの事を思うと可哀想で・・・。


昨日は、クロベエが居なくなって以来、初めてうさ達を爪切りに連れて行った。行き帰りの車の中ではやっぱり泣きそうだった・・・。クロベエが病院へ行く時は、信号で止まるたび、カーブを曲がる時など、いつもキャリーの中であっちこっち動いてしまうのを、両手で支えたり、頭をずっと撫でてたり気を使って大変だったけど、今いる子達はみんなオシリの安定してる子達ばかりだから、支えてあげる必要も、気を使う心配も無くなったけど、帰りの車の中でムー君を撫でたら、あの最後の方のクロベエのガリガリに痩せた感触を思い出し、涙を堪えるのが苦しくて辛かった・・・。

ムー君とグーちんは爪切り。マー君は爪切りとメンズエステ(ホントはグルーミング)。また、ベッカム風のいい男になれたかしら。お座布団も角をもうガジしてしまったので、新しいの買ってあげたけど、やっぱり前に使ってた方がいいのか、そっちに座ってたり、両方にまたがって寝てる。

今日は、今日で朝ミー君@ニャンが、昨日までは何でも無かったのにオシッコが出ずらいのか(出ない?)、おトイレに何度も出たり入ったりを繰り返し、1度少しオシッコも出たようだったが、先代ニャンも泌尿器系の病気で、急性だったのか急に悪化し入院しても5日しか持たなかったので、心配なので念の為病院へ連れて行った。結果、今日の所はオシッコの検査はできなかったので(膀胱に溜まってなかった為)、尿石か膀胱炎との事で注射と抗生物質他のお薬と、尿石用の食餌療法食のサンプル、それと同じ物も買ってきた。家に帰ってからは、注射のせいもあるのかオシッコは今の所出てる様子だが、どうだろう・・・。

 療法食を食べるミー君

どちらかと言うと、缶詰よりカリカリの方が好きなので、初めての物でも取り合えず何でも食べてくれる。

でも、またこのミー君の病院へ行く道(バス)もクロベエと一緒に通った道。クロベエと一緒に出掛ける時はいつも病院だけで、ここの病院へも膀胱炎の初期の頃何回か点滴に行った所なので、やっぱり泣きそう・・・。でも、もうこうなったらやる事を先にやって(後でまとめて泣こうかと)、クロベエが最後まで通ってた病院へは行けないけど(あの待合室には入れない)、最初の頃通ってた分院の方で、ムー君の去勢手術を明日お願いする事にした。後日、グーちんの手術もしてもらうつもり。

 明日去勢手術のムー君 無事に終わりますように!

クロベエの事をいつも見守ってくれて、同じく一生懸命病気と闘ったクロベエより少し前にお月様に帰ったうさちゃんのママも言ってたように、私も全く同じに、ここ数日クロベエと一緒に通った道を通りながら思い、もう大人気無いと言われようが、何と思われようが、悲しいものは悲しいし、もう会えないと分かっていても会いたいし、何度経験してもこればっかりはどうにもならないので、このままその思いを自分の気の済むまで(同じく開き直り?)、思って、考えて、その思いを忘れないように(好きなように)書きとめて、頑張らないでゆっくりクロベエや、先代ニャンの想い出と共に歩んで行きたい・・・。


nice!(3) 
共通テーマ:ペット

メッセージ [闘病記録]

あれはいつの事だっただろう・・・とそんなに前の事じゃないのに、私の鍵(記憶の)はまだ見つからないので、自分の日記を開いては振り返る。その人だけにしか分からない絆、人と動物を越えた、言葉も要らない、でも分かり合える事。私もクロベエがずっと私に言っていたであろうメッセージを理解してたはずだけど、それに対して答えてあげられたのだろうか・・・。先代ニャンの時もそうだったけど、亡くなる前(お別れの時)はなぜか冷静で、でも亡くなった後の気持を抑える事は出来ない・・・。

先代ニャンの時、あの朝一緒に寝るのはこれで最後だろうと、お別れの時が来たんだと感じ、その夜父ににっちゃんとはこれで最後かも知れないから、お別れを言っておいたほうがいいよと言って、次の日から5日程入院してた時もいつ連絡が入るかと思いながらも冷静で、そしてあの最後の日(次の日いったんお家に帰る前日)、毎日寄ってもノドを鳴らした事なんか1度もなかったのに、その日に限ってゴロゴロしてくれて、少し抱っこして今日は珍しいねってにっちゃんと話し、お家に帰ってしばらくしたら病院から連絡が入った。あれは、きっとにっちゃんのお別れのご挨拶だったんだよね。私が学生の時に亡くなったダルメシアンのエルも、学校から帰り側に行くと、起上がって1度キチンとお座りしてご挨拶してから亡くなった。あのおばうさの亡くなる日の朝も、そしてクロベエの時もあの夜が最後であるだろうと感じ家人にそう告げた・・・。でも、クロベエの最後の鳴き声は、さよならのご挨拶ではなくて、あの子は暗い所が、何より1人になるのが大嫌いの子だったから、あれはやっぱり恐かったんだと、そう言ってたんだと思う。だって、クロベエはその前から、あの場所に毎日居るようになった頃から、私にもうあまり一緒に居られないから、私の事を少しでも見ていたいって、側にいたいって言ってたはずだから・・・。そして、私もそれを理解はしていたはずだから・・・。今年お家は2うさ増えて、2うさ居なくなった。でも、やっぱりもう想い出しか語れないのは悲しいね。

クロベエが亡くなった時に買ったガーデンシクラメンと、クロベエと一緒にお花と共に入れてあげたローズマリー。にっちゃんが亡くなった時は、なぜか1本だけその時を知ってたかのように早く咲いた水仙を入れてあげた。この、ガーデンシクラメンは(品種にも寄るらしいけど)偶然買った本によると、普通のシクラメンより寒さに強く夏越しもさせやすいらしいので、また頑張って来年も咲くといいなと今から思ってる。やや乾かし気味に育てて、初夏~夏の間は水を与えないで休眠させるといいらしい。

 今日はムー君

触った感じ(毛質)は、やっぱりムー君の方がクロベエっぽい。マー君はネザーなので、軟らかめでフワフワとした感じ。でも、ムー君の黒いお顔をいくら探しても、その色以外どこもクロベエには似てない・・・。でも、撫で撫で大好きうささんなんだよね。

 あれからも、以前と同じに皆さんの日記(blog、HP)を拝見しては、ニャンちゃんやうさちゃん達の姿を見ては和み、また皆さんの所へも遊びに寄るかも知れませんが、私のBBSは(クロベエの最後のご挨拶はblogに移して)、まだまだずっとお返事は書けそうもないので閉める事にしました。クロベエが病気になってからは、以前のようにお返事が書けなかったり、今のBBSも読み返して見るとその時々のクロベエの様子が書いてあったり、皆さんのニャンちゃん、うさちゃんと共に想い出に全部保存しておきます。私のHPのタイトルを先代ニャンから取ったように、またいつの日か再開した時も「クロベエ's BBS」にできたらいいな・・・。


nice!(5) 
共通テーマ:ペット

時・・・ [闘病記録]

クロベエが居なくても時はいつもと同じに過ぎていく・・・。でも、やっぱりもう一度(ホントは何度でも・・・ずっと)クロベエに会いたい。思えば、クロベエが居てくれたから忘れられてたけど、先代ニャンのにっちゃんに対しても、こういう思いはずっと残っていたのかも知れない。そして、私にはもし・・・がいくつ残っているだろう。

今日のお顔はちょっとクロベエっぽい?ムー君。乾燥リンゴ付きかじり木の、リンゴだけ夢中になって食べるっ! でも、やっぱり似ても似つかないけど、この黒いお顔いいわ。

クロベエの所に今置いてある、私が活けたお花。

最近、ちょっと(だけ)見れるようになった、写真やデジカメに入ってるクロベエのお顔を見るたび、やっぱり(どんな姿のでも)クロベエは可愛い・・・。


nice!(4) 
共通テーマ:ペット

memories [闘病記録]

あの日以来、日常(の生活)と想い出の中をさ迷い歩いてる感じ・・・。1日が長くもなく短くもなく、通り過ぎて行く・・・。とは言っても、今はまだクロベエの事を思うと、フィルターが掛かったようなクロベエの姿や、思い出そうとすると思い出したくないって、心(記憶)に白いシャッターがおりる。だから、いつもそこで思い出すのは止め、そしてまた日常の生活に戻りながら、ふと同じ事を考える・・・。クロベエと先代ニャンのにっちゃん、両方をまた失ったような気もする・・・。取り止めのない事も書くけど、でももし今ここに、クロベエや先代ニャンが居たら、今日はこうだったって書いてるはずだし、現実にはもうそれは書く事が叶わず、書くのは想い出だけになってしまうので、それでもやっぱりにっちゃんもクロベエも今も変わらず、私の大切な子達だからその思いは書きとめておきたい・・・。

辛いのは、クロベエの様子を見に行かないと(クロベエの事を思って)で目が覚めた朝・・・。閉ざした記憶の中からふとした事で甦るクロベエの仕草、いつもしていた習慣、好きだったもの・・・。何かをやりながら、ふとクロベエの所へとうさ部屋を振り返る事はまだある。でも、クロベエの気配は感じないんだよね。先代ニャンのにっちゃんが亡くなってすぐ後、絶対ににっちゃんが帰って来たって思える、夜おフトンの中に入ってくるあのフワッとした感覚があったけど、クロベエの場合今の所それはあまり無く、クロベエが居なくなったら、足元クルクルの時に感じる風を感じたりするのかなって思ったりもしてたけど、微かに聞こえるあのお鼻ブッくらいで、それ意外はないのかな・・・。でも、きっとクロベエの事だから、私にべったりへばり付いてるのかも知れないけど・・・。

先日は、マー君の流血事件(マー君がお部屋の中をうさんぽ中、ムー君ハウスに入ってゲージ越しだけどムー君に鼻を思いっきり噛まれて流血したの)でちょっとは現実に戻った感じで、家人にはもう私は隠居(これは早過ぎ~)・・・ではなくて引退したので、後の子達の老後?は見ないと言ったけど、ちょっとまたマー君は見てもいいかなって思ったりもする。でも、マー君の流血事件の時にも思ったけど(本当はもっと前からだけど)、クロベエが通ってたあの病院の待合室で待つ事は出来ない(したくない)気がして、本当はムー君と、グーちんの去勢もしようと思ってたんだけど、さてどこの病院へ行きましょとも思いながらも、やっぱり現実と夢の狭間で暮らしてるのかな・・・。

 

クロベエが居た時は、それでもしっかりにっちゃんが居なくなった隙間を埋めてくれてたけど、今はその隙間を埋めてくれるニャンは、どうやらお家には居そうもない感じ・・・・。最近、ますます脳が出ちゃったようなミー君は、こたつの中に入ってはのぼせて行き倒れしてるし、ますます・・・なデブチビちんじゃあね。それでも、あのうさぎさんの居なくなった隙間はうさぎさんじゃないと・・・ではないけど、マー君達うさ組には少し救われてるのかな(特に流血事件以来・・・)。それと、今はクロベエの所に置いてある、以前買ったうさぎのオルゴールに偶然入ってた曲・・・"memories"。その曲を聞くと、悲しいけど少しだけ心が和む。

 あれから"流血マー君"と呼ばれてる

 凶悪犯人・・・ムー君

 おまけ(追加) ミー君行き倒れの図

最近はあまりうさ部屋で過ごす事も無くなったけど、マー君は(おデブさんだけど)体の大きさがクロベエと同じ位だし、いつもサークルもクロベエのお隣だったので(配置を変えた今も)、クロベエがゴハンを食べなくなった頃や、あの不正咬合で毎日牧草食べてをしてた頃、クロベエが食べてくれないのでマー君食べるって差し出すと、ふやかしたペレットでも何でも食べて、いつもマー君に食べてもらってもしょうがないんだよねって言ったり、その余分なお肉クロベエお兄ちゃんに分けてっていつも言ってたし、ムー君もクロベエのお隣さんで、クロベエとは似ても似つかないその長いお顔や、デカイ体の黒うささんだけど、何となくその黒いお顔を見るとホッとする。マー君黒くしたらクロベエに似るかなとか、やっぱりマー君とムー君合わせてもう1人クロベエを作りたい・・・なんて。どっちもクロベエとは違って、元気あり過ぎ~うささんなんだけど・・・。

そういえば、クロベエが来たばかりの頃、1番最初に掛かった病院で会ったおば様が、とっても可愛がられてたうさぎさんを亡くされたとかで、クロベエの事を見て触らせてって、触った後にうちの子と全然違うって言ったのを覚えてる。それと同じで・・・でも、やっぱり違うんだよね。


nice!(3) 
共通テーマ:ペット

お空へと・・・ [闘病記録]

昨日の朝(9時半~10時)、クロベエの亡骸もお空へと帰りました。お友達から頂いたお花とメッセージカード、クロベエの大好きだったプリンをもう一度入れてあげて、お空にいる先代ニャンにも届けてねって、にっちゃんの大好きだったカリカリもしっかり持たせて。最後にもう一度クロベエのお顔を見て撫でてあげて、お家に居た時と違いお耳の先までコチコチになってたけど、やっぱり最後まで可愛い私のクロベエのまま・・・。クロベエ、お家でよくコロンってネンネしてた時より可愛くて、とても安らかなお顔してた。そんなお顔を見てたら、私はいっぱい後悔が残ってるし、クロベエもきっとなんでもっとボクの側に居てくれなかったんだよって言ってると思うけど・・・それでもクロベエ幸せだった?

にっちゃんの頃から同じ所でお願いはしているが、これが最初で最後になるであろう立合葬というのは始めてで、とても洒落た作りのお釜(には見えない)の前でクロベエと再会し(霊園の方と係りの方達で3人も側に居たので、大泣き?はできなかったけど)、そのすぐ目の前でクロベエはお釜の中に入って(沈んで)いく、そしてまたお釜の前で(今度はせり上がってくる)小さな骨になったクロベエとの再会。この子は小さいからあんまり焼くと何も残らないじゃないかしらって思ってたけど、やっぱりそんな感じで、たぶんアンヨの骨、あまりにも細く小さくてお箸で掴めないほどのお手々の骨・・・。できる事なら、クロベエのまま(朽ち果てるまででも)置いておきたいけど、もちろんそれは無理だから、私のクロベエは小さな小さなお骨となって私の元へ帰って来た・・・。


(もっと可愛いのに入れてあげたいと、調べてみるとメモリアルショップも結構あるのね)

夕方、よく行くスーパーへ買物に行って、クロベエにいつも買ってたさつま君(さつまあげ)を見たら、涙が出た・・・。先日、クロベエの好きだったホワイトセロリを買ってたお店に行った時は、大丈夫だったんだけどな。先代ニャンが亡くなった後も、会社の帰りにいつも寄ってたお店で、何気ににっちゃんが好きだったカリカリを見た時(よくここで買っていた)、それからそのお店には行けなくなった。にっちゃんが亡くなって、クロベエがお家に来た時もこの子はうさぎさんだし、にっちゃんが亡くなった時あれほどまでに悲しい思い(ペットロス)をしたから、今度は大丈夫、絶対に2度とこんな思いはしないって、それでも少し前まではそれほど特に考えた事も無かったんだけど、日増しに小さくなっていくクロベエを見てたら、クロベエが居なくなったらきっとまた同じ思いをするかも知れないって感じてたけど・・・。どうやら、やっぱり私はまたやってしまったみたい・・・。

-追伸- メールを下さいました方々、この場をお借りしてお礼にさせて頂きます。ご心配と優しいお言葉ありがとうございました。また、今度改めて遊びに行かせて頂きます。ありがとう。


nice!(7) 
共通テーマ:ペット

明日・・・ [闘病記録]

明日、また私はクロベエと会える・・・。そう思うと嬉しい気持と、これで本当にあのクロベエの姿を見るのは最後だと思い悲しい気持でいっぱいになる。何でも明日は、一般的な(人も利用する)葬祭場の中にある場所で行うので、喪服までとはいかなくても黒とか紺のちゃんとした格好で行かないといけないらしい。

今日は、お友達からクロベエにと綺麗なお花も届きました。ありがとう。お花は進む道に咲いて導いてくれるのだそうで、クロベエ君ちょっと心配って言われちゃったね。クロベエは本当にみんなにいっぱい頑張ったねを言ってもらって、愛されて最後まで幸せなうさぎさんです。これからも、きっとクロベエを可愛がって下さった皆さんの心の中にも、黒い小さなうさぎのクロベエ君は住み続けてくれると思うので、・・・でしたとは言わないからね。もう一度、心からクロベエと私から皆さんにありがとう。

 

 

クロベエが居た時は、ゆっくり外を眺める事もあまりなかった感じで、クロベエが居なくなってふと回りを見ると、もうこんなにも木々も紅葉してるんだなって思ったり、ここ数日はうさ部屋の模様替えをしたり、クロベエが帰ってくる場所(棚)を、いつも使ってたカーペットを敷いてあげてうさ部屋の一角に作った。クロベエが居た場所は今はもう無いけど(悲しいだけだから)、クロベエが居たあの場所は私の心の中にクロベエと共にずっと住み続け、あの辛い時や、いつも何かチョ~ダイって、早く出せ~って待ってたサークルの扉だけは今もクロベエが帰ってくる場所の前に置いてある。でも、やっぱり今私が思い出すのは痩せて小さくなったクロベエが、あのいつもの場所で辛そうなお顔をして、毎日私をずっと待っていた姿・・・。昨日も、ちょっと書いたけど、今更色々な事を思い後悔してもどうにもならない事も良く分かってはいるけど、クロベエが居た時、居なくなった後の色々な思いも辛いけど全てあの子との大切な想い出の一部だと思うし、これからも私はずっとクロベエと一緒だから、何かを書きとめておきたくて、本当は自分の今までクロベエのお鼻の事などを書いてたHPの日記に書き綴ろうかとも思ったが、このblogを始めてしばらくしたら、クロベエがまた新たな病気になり、その後今度はずっとある意味闘病生活に入り(私は最後までずっと闘病生活とは思った事なかったけど・・・)、今までの日記を書く時間も無くなりここに書いてきたので、やはりこのままクロベエとの想い出もここに書いて(何度か同じような事も書くと思うけど)、これからもその時々の気持を綴っていきたいと思う・・・。皆さんのblog、HPも今は覗くだけですが、落ちついたらまたゆっくり遊びに行きますね。

と、早速これも何度か書いてると思うけど、クロベエは先代ニャン亡き後お家の子になって、一緒に暮らし始めたら絶対にクロベエの中には、生まれ変わりとまでは言わないけど先代ニャンが入ってるよねって思うような仕草や似てる所などがあったり、お家に来た時からお鼻の悪い子で、当初からこの子は2年か3年、長生きは出来ないねって父と2人で話し、好きな事をさせて、美味しい物をいっぱい食べさせてあげようねって感じで、父が亡くなる少し前には俺とどっちが長生きかなって言ってたクロベエも6年、父より2年近くも長生きした。ショップの売れ残り君だったから、歳で言うともう7歳に近いはずまで、生きて私の側にも居てくれた。6年は短い気がするけど、クロベエと暮らした6年はすごく長く感じる。

今、お家ではクロベエの次にお兄ちゃんうさなマー君がお部屋の中を毎日掛け回ってる(あとの2人は野生児すぎるのでお外(ベランダ))。マー君の大きさと黒ムー君を合わせて割ると、クロベエに似るかなとか思ってみたり、でも昨日のクロベエがいなくなって・・・じゃないけど、残念ながらクロベエや先代ニャンみたいな私を優しく癒してくれる、静かな大人しいおりこうさん、静かな場所はもうなくなってしまった・・・。うさぎのクロベエと先代ニャンのにっちゃんは、私の理想の子達なんだと思う。これからも、また色々な子達とも暮らして行くと思うけど、きっとこの2人は永遠に私の特別な、大切な、決して2度とは巡り会えない、忘れられない存在になる・・・。

 クロベエの写真はまだ載せられないから、マー君のオチリで

でも、小さい頃から犬や猫とはずっと暮らしてきて、その頃はうさぎと暮らすなんて考えは全く思わなかったし、あまりうさぎそのもののイメージ(存在)も然程意識せず暮らしてきたけど、今家にはニャン達も居るが、うさぎは弱い動物だし気を使って大変(クロベエは特に色々と気を使う子だったから)、ニャンの方が楽だよねって思ったりもしたけど、クロベエと暮らした日々のあの素晴らしさ、優しさ、温かさ、うさぎって本当におりこうさんで優しくて素敵だから、お家には他の子達もいるけど、やっぱりいつかまたクロベエのようなうさぎさんとももう一度巡り会えたらいいなと思ってしまう・・・。うさぎのクロベエが居なくなった隙間は、やっぱりうさぎじゃないと埋まらないのかな・・・。と、ふと考えたりもするが、今は時が静かに過ぎるのを待って・・・。でも、お家の中はクロベエ亡き後は、何処にも静かな場所はなく、ますます賑やかでうるさいんですけど、ね。今はまだ思い出すと辛いけど、クロベエ(の姿)を思うとそれでもやっぱり心は穏やかになるのかな・・・。

また、明日会おうね・・・、クロベエ。


nice!(5) 
共通テーマ:ペット

うさ部屋暮らしの終わり・・・ [闘病記録]

今日は、なるべく長く持つお花で小さく可愛く作ってくれとお花屋さんのおじさんに注文をつけつつ、早くもクロベエが帰って来たら飾ろうと、お花を作ってもらいに行って来た(何かしてないと落ち着かないから)。それと、今日久しぶりにあのクロベエのお鼻ブッが聞こえたような気がした。以前、静脈点滴に半日入院で通ってた頃や、全身麻酔で歯を削ってた頃、いつもあのクロベエのお鼻の音が聞こえるような感覚があったけど、本当に居なくなった後は、お家の中でクロベエの音は特に聞こえず、今日は久しぶりに聞けたのかな・・・。

あれから、クロベエがいなくなって・・・。ティッシュが減らなくなった・・・。クロベエ(だけ)が使っていたペットシーツ。汚れたりしたらすぐ取り替えたり、最後のほうはシリンジでゴハンを食べる時に涎掛け代わりにも使ってたので、いつもうさ部屋のゴミ箱はすぐにいっぱいになったけど、それももうなくなった・・・。そして、私の居場所もなくなったので、2月からずっとクロベエの側で寝ていたうさ部屋暮らしも終わりを告げた・・・(本当はもっとずっと続いて欲しかった)。

その涎掛け風にしてる生前(亡くなる少し前)のクロベエの写真も、今日は載せられるかなと開いて見たけどやっぱりまだ無理だった。クロベエの事を思うと、あれほどまでにいつも私の事を見て、求めていたのに、どうしてもっともっと側にいてあげなかったのかが悔やまれてしょうがなくて(自分を許せないほど)、どうしてもっとクロベエの辛さを分かってあげられなかったのか、私はどこかで選択を間違えてはいなかっただろうか(絶対に間違えてるはず)・・・。など、日々色々な事を思いながらも、まだ悲しみと共に過ぎて行き、毎日ここには載せてない取り留めのない事を書いては消してたけど、今日は思い切って?書こうかな・・・。でも、やはりまだ前には進めないので、思い出すのはクロベエの姿、匂い、優しさ・・・クロベエと暮らした日々。先代ニャンが亡くなる時、生前の父から動物を人間と同じ様に見てはいけない(どんなに願っても、先に逝ってしまうから)って言われたけど、やっぱり先代ニャン亡き後、クロベエは私の全てだったかな。でも、クロベエと過ごしたこの数ヶ月は本当に大変だったのか(もちろん、クロベエは大変で辛かったけど)、どうだったか思い出そうとすると、まるで早くも自分の心(記憶)に蓋をしてしまったかのような感覚で、先代ニャンが逝ってしまった後の、言葉では言い表せないようなの喪失感とはまた違う、何か大切なものを忘れてるような、胸がしめつけられるような思いがする・・・。そして、ふと何も考えずにいつものようにクロベエの様子を見に行こうとしてる・・・。先代ニャンが亡くなった時もそうだったように、私の中の何かもまたクロベエと一緒に逝ってしまうんだろうな。

先代ニャンが亡くなって、クロベエに出会うまでの5ヶ月間、毎日にっちゃんが居ない部屋(家)に帰り、何を思い、どうやって過ごしたのか、その間は今思い出しても漠然とした記憶しか無く、その時は猫ではなくうさぎのクロベエに救ってもらったけど、クロベエが居なくなった隙間は誰が埋めてくれるだろう・・・。でも、先日も書いたが20歳の時に亡くなった母、そして父、父や母の想い出と共にあった子達(動物達)ももう全て逝ってしまったので(残るは私だけ)、nimama家の家族としては深い想い出と共に私が見送るものはもういなくなった。いつもいつも残る後悔と、置いていかれるのは辛いもの・・・。


nice!(5) 
共通テーマ:ペット

クロベエのいない日 [闘病記録]

今朝、お迎えの車までお見送りしてクロベエは13日の朝までお預かり頂く斎場へと向った。大好きだったプリンとチーズ蒸しパン。お空でみんなで食べようねって、ゴハンや乳酸菌も中に入るだけいっぱいいれてあげた。今日、明日、明後日・・・、13日の朝クロベエとの最後の再会。クロベエの亡骸との永遠のお別れ。最後にもう一度お顔を見て・・・クロベエはまた私の元へ帰ってくる。

生きていた時は、寒いだろうからとホットマットだ、カイロだって2つも使って、熱すぎないか、寒くないか何度も様子を見て、亡くなったら今度は・・・と、最後まで手の掛かるお兄ちゃんでしたが、本当に可愛い、おりこうなうささんでした。クロベエが居なくなったら、お家での私の癒しスポット(居場所も)が無くなっちゃったよ(後の子達はみんな賑やかさんばかりだから)。

クロベエは沢山私に大切なものを残してくれたけど、でも私は本当はクロベエに何をしてあげられたのだろう・・・。

 クロベエが亡くなった時、買ったシクラメン


nice!(6) 
共通テーマ:ペット

追記 [闘病記録]

クロベエは13日の日曜日の朝、私達に見守られて(立合葬で)荼毘にふすことになりました。先代ニャンやおばちゃま(うさ)と違って、1人になるのが大嫌いで、いつも私の事を見ては、最後まで側にへばり付いてた甘ったれなクロベエの遺骨は私の側にずっと置いておく事にしました。 今までもそうであったように、これからも私とクロベエは色々な事を語り合っていくと思います。

以前ニャン友さんが言ってくれたように、父がショップの沢山のうさぎさんの中から撰んだクロベエは、ある意味父の忘れ形見でもあり、先代ニャン亡き後ペットロスだった私を優しく癒してくれ、家の中にもう一度笑顔を取り戻してくれて、新しく家族になった子達は別にすると、私(nimama家としては)の想い出と共にあったたった1人の最後の家族でもありました。

いつも色々教えて頂いたりお世話になっている、沢山のうさ達のママさんと子供達からはクロベエに素敵なお花も頂きました。メールや日記にクロベエの事を書いて下さった皆様。本当にありがとうございました。みんな、クロベエの事よく頑張ったって言ってくれて、本当にあの日増しに小さく弱々しくなっていく体で(見ているのは辛かった・・・)、最後の最後まで生きる事をあきらめずクロベエは頑張りました。クロベエの最後の数日も、全くゴハンが食べられなかったわけでもなく、大好きな乳酸菌にお顔突っ込みもしたし、チュルチュル(麺)も美味しそうに食べ、あんなシリンジからゴハン(流動食)なんて絶対に食べるような子じゃないのに、最後の日までそれでも美味しそうにもっとチョ~ダイって食べてくれて(可愛かった)、最後に口にしたのは大好きなプリンでした・・・。きっと私以上にクロベエは生きて、もっと私の側に居たかったんだと思います。最後も今まで鳴き声1つあげた事ない子が、あんなに鳴いて1人になるのが恐かったんだよね。クロベエが居なくなった私に残るのは、やっぱり後悔と寂しさ・・・。何かが欠けてしまった日々・・・。そして、いつものあの場所に居るクロベエの姿・・・。でも、クロベエがあの小さな体で、私に見せてくれた、教えてくれた、そして私に言ってるであろう言葉を決して忘れないようにするからね。


nice!(5) 
共通テーマ:ペット

クロベエからありがとう・・・ [闘病記録]

クロベエは昨日の夜、私の腕の中でお空へと旅立ちました・・・。深夜、クロペエのお顔を見ながらHPの「クロベエ’s BBS」に書いた言葉に今の気持を少しだけ追加して、お別れのご挨拶にさせて頂きたいと思います。今までクロベエに沢山の応援やnice、見守って下さいました皆様もありがとうございました。


11月6日 PM10時50分 クロベエはお空へと旅立ちました。
今までずっと黙って静かにじっと耐えてきたから、最期はボクまだ逝きたくないよとばかりにか大きな声で何度も何度も鳴きながら、私の腕の中に抱かれて息を引き取りました。
6年と5ヶ月…もっともっとずっと一緒に居たかった。
ここ数日は特に呼吸もますます荒くなり、私が近づくとまるでもっと私の側に行きたい、側に居て欲しいとしがみついてくるような感じで、撫でてあげると落ち着いたりと、昨日の夜もこれはもう最期であろうと思い抱っこをしてあげたら、その後しばらくして・・・。
でも、その姿は今でも眠っているようで、やっぱり私のクロベエは可愛い。良いうさぎさんです。

あのお家の子になった時からしてるお鼻チンや、うさぎ一倍手のかかる気難しがり屋のわがままうささんは、心配でおちおち寝てられない夜は・・・もう終わりました。
今は淋しい気持で心が張り裂けそうですが、でもクロベエはとてもおりこうさんで我慢強い子だったから、きっとママしっかりしなくちゃダメだよって言ってるはずだけど、今しばらくはこのまま・・・。

まだクロベエの居ない日々が実感としても、気持ちの整理もつくわけもなく、同じくクロベエへの皆様のお気持ちもとても良く分かるので、悲しいからクロベエへのお別れの言葉は無しでお願いします。それぞれ、皆様の心の中で言ってあげて下さいね。
またいつか再会の時まで、私とクロベエはしばらくこれでお別れになりますが、永遠に心の中で生き続け、私の永遠のうさぎさんになります。
そして、もし良かったら心の片隅でいいので、クロベエの事を、こういううさぎさんが居た事を、生きていた事を覚えていて下されば嬉しいです。

最後にクロベエから皆様へ
いつも応援して、優しい言葉や暖かく見守ってくれてありがとうを・・・

 


ご覧になられてる方もいらっしゃるとは思いますが、父が作った大好きなクロベエの詩を添えさせて下さい。

「追っかけクロベエ」

小さなショップの片隅に
黒くて小さなミニウサギ
なぜか互いに目があって
家族の一人になりました

名前はクロベエ 男の子
大きな声で呼ばれたら
なぜか主人は赤い顔
素敵な名前のはずなのに

それでも最初は遠慮して
静かに座って居たけれど
やがて本性あらわして
いたずらうさぎになりました

自分が進む通り道
何か邪魔物あったなら
自慢の出っ歯で投げ飛ばし
ぶん投げうさぎになりました

私が止まれば駆け寄って
もっと走れと引っ掻いて
昨日も今日も風をきり
追っかけうさぎになりました


nice!(4) 
共通テーマ:ペット

クロベエ時間 [闘病記録]

その後も今回は特に状態はかなり悪く、本当は病院へ連れて行く途中でもしもの事があったらと思うと(それ程の状態だった)凄く迷いはあったが、土曜日のクロベエの久しぶりのあの食欲を思うと、もしアゴの痛み等でゴハンが食べられないとかがあるのだったら、もう一度ゴハンが食べられる状態に何とか戻してあげられるものならとクロベエに望みを掛け病院へ向った。病院で見て頂いた結果は、クロベエのアゴの腫れは浮腫で先日打った栄養剤(皮下点滴)が体に吸収されず、アゴや手足他に浮腫みが出てしまったとの事。血液検査もちょっとした事で危ない状態になってしまう為、採れないようなら止めると言われましたが何とかお耳の血管から採血はできた。結果は、極度の貧血。浮腫の原因は、腎機能の低下ではとも言われたが(数値はどれも全体的に落ちている)、貧血が原因。普通30位数値がある所が半分以下の11位しかない為、ちょっとした事でもすぐに疲れてしまう状態になってしまっているとの事。だから、お野菜をまだ食べていた時も、食べてる途中で口にくわえたまま食べるのを止めてしまったりしてたのは、貧血で息も切れるだろうしお口を動かすのさえ大変だったんだろうね。やはり脱水症状も酷く、これ以上進んだり、腎機能もかなり低下はしているので、とにかく少しでも食べてお口から栄養を摂らないと難しい状態・・・。

浮腫が出て以来、特に手足(特に手)に力が入らなくなってしまい、座っていても手が外側に開いていって体を真っ直ぐにしたり、安定させる事が全く出来なくなってしまった為、クロベエがサークル内で使っていたおトイレ(水切り)をベット代わりに使用し、回りにはタオル等を入れて、なるべく体が安定し動かないようにして様子を見ている。でも、自分でお水とか飲みたくなると転びながらも飛び出してしまうので、危ないしそれだけでも息が切れて大変なので、同じ高さになるようにお水も置いてみたら今日はお鼻グズグス、お口の回り中ビショビショにしながらも飲んでいた。

昨日は病院から帰った後も、虚ろな感じで食事も自分では全く摂れない状態で寝たきりだったので、浮腫も出てるが、脱水症状もかなり見られたとの事なので、寝たままの状態でシリンジでポカリなどを飲ませて特に水分補給に徹し、病院の先生にお聞きした鉄分の多いホウレン草をジューサーに掛けた物を与えたが、あまり飲み込む事は出来ない状態だった。

今日も相変わらず1日中ペットの中で(すっかり、寝たきり○○?)ボーとした状態ですが、少し体も起こせる(座るような感じ)ようにはなった様子。流動食やお野菜はまだダメだけど、ジュース類や流動食の上澄み液(ペレット類は下に沈む為)、ふやかしたペレットもホンの数粒食べてくれた。すっかりホウレン草ジュースがお気に入りになったみたいで、もっとくれってベットから身を乗り出すようにもなった。体がずっとこんな状態だった為良く眠る事も出来なかったせいか、ベットにしてから今日は久しぶりにゴハンを食べてる夢でも見てるのか、ウトウトしてはお口を何か食べてるごとくクチュクチュ動かしてる。

でも、辛そうに体全体で息をしているクロベエを見てると、先生もおっしゃられた通りいつ何時って心配が無くなる事は決してないけど、今の所はずっと心配していたヘルニア(オシッコが全く出なくなったりとか)ではなく、体は貧血で何をするにも辛いだろうけど、それでも少し今は静かにクロベエの時は流れてるのかな。でも、やっぱりもっともっとゆっくり(長く)私とクロベエの時も流れていくといいな・・・。


nice!(3) 
共通テーマ:ペット

unknown [闘病記録]

・・・あれから。土曜日、病院から帰ったクロベエ兄は久しぶりに見る凄い食欲で、お野菜モリモリ、ふやかしたペレットは食べるわ、これだけじゃ足りない~って感じでムキエン麦もパクパクって感じでしたが、その日病院から帰った後、今度はアゴの下が腫れてしまい(今度はこっちに膿が溜まった?)、そのせいか日を追うごとにまた食欲が落ち始め、今日は殆ど何も口に出来ない状態になってしまって(シリンジからもダメ)、1日中お水さえ口にせずじっとうつむいてるだけ。今度は乗り切れるだろうか・・・。ホントは、もう何て書いたらいいか言葉も見つからない感じなので、blogも先週のゴハン食べてる姿のあのクロベエのままにしておこうかと思ったけど、クロベエの記録として載せておきます。

 日曜日の朝のクロベエ

 今朝のクロベエ

-追伸- コメントをとも思ったのですが、この場を借りて。ゆうこさんのblog「毎日のできごと」にクロベエの事を載せてくれて、そしていつも優しい言葉をありがとう。


nice!(3) 
共通テーマ:ペット

ハードで穏やかな日々 [闘病記録]

先週このままでは・・・と言われたクロベエ兄、今週は火曜日に繊維質不足で等々下痢になり、水曜日には血便まであって、病院へ電話で経過報告の日だったのでお聞きしたら、粘膜が剥がれたせいとかで、特に検査とか心配もいらないとの事なのでホッ!でしたが、やはり色々ありハードな日々だけど、クロベエと一緒にひなたぼっこしたり、それなりに穏やかでもあったかな。今回はお口の麻痺がかなりあるのか、前回の固いペレットを食べられないに続いて、今回はふやかしたペレットも食べられなくなってしまったみたいで、水曜日から少し口にもするようになったけど、食べてもポロッと口からこぼれてしまったり、1粒のペレットをいつまでも噛んでて食べるのを止めてしまう。麻痺のせいかヨダレも出ている様子で、お口も気にしてかクチュクチュ動かしている。

 ヨーグルト~

ヨーグルトとかプリンは大好きなので、今は特にお腹にいい菌が入ってるヨーグルトにお砂糖を多めに入れてあげたら、スプーンから食べるのも待ちきれずお皿から直接食べていた。

 クロベエ兄のお食事タイム・・・

あれからも殆ど何も口にせず、もしこれが自然の事で先代ニャンがそうだったように、もうゴハンも食べられない状態であるならば無理に食べさせてもと思い、どうするってクロベエに聞いてみたり、特に火曜日に下痢をしてからは本当にこのままではダメだと思い、そんなクロベエの姿を見てでもまだ諦めたくない!出きる限りの事をやろう!と、とにかく繊維質を少しでも摂らせようとミルサーで細かく粉末にしたペレット(アルファルファ主体のとチモシー主体の2種類)とシリアル(オールブラン)をニンジンジュースとポカリに混ぜ強制給餌も始めるが、ジュースを多くした液体状の物は何とか飲んでくれるが、ペレットを多くしたドロっとした物は仰向けにしてもやはり飲み込まず、お口から全部ダラっと出るだけだったのが、水曜日の朝また無理にお口に入れてもと思い、クロベエの口の前にシリンジを差し出したら、座った姿勢のままシリンジから直接自分で食べ始めた。その日以来、これがクロベエのお食事風景になってる。そうは言っても、気難しいクロベエ兄の事、簡単にはいかないので最初は細いシリンジにジュースを多めに入れて、お口の前に差し出してお伺いを立てて、口をつけてくれたら先の太いシリンジに変えてる。このシリンジは口が太いせいか本当は嫌いなんだけど、これ位のじゃないと流動食は通らないんだよね。これを1日に数回、今はとにかく少しでも食べて体力を回復してもらいたいので、夜中にもシリンジで食べ(飲ませ)させている。やはり栄養不足もあったのか、いつも体が安定せずフラフラしてたのは無くなったみたいだが、相変わらず細くて骨もゴツゴツ、ガリガリ・・・。

 お野菜も

昨日辺りから、また何かチョ~ダイって感じで欲しがったり、ムキエン麦も久しぶりに食べたし、いつもは絶対に食べないキャベツなんかも食べてたので、今朝は大きなお皿に色々お野菜も入れてあげた。

でも、2月の膀胱炎・ヘルニアや顔面麻痺以来、だんだん痩せて細く弱々しくなっていくクロベエを見てると、これを書いてる時にもやはりいつ何時って予断は許さない状態で心配はあるけど、今日でも明日でもなく今この瞬間クロベエがゴハンを食べられて、穏やかに過ごせればいいと思う。下痢をした時には、オシリが汚れるのが気になってか自分で綺麗にしようと体を丸めたら、体のバランスが上手く取れないので、アッて思う間もなくそのままサークルの反対側までビックリするほどの勢いで転がってしまい、でもまた起き上がるクロベエのその姿(生きざま)を見てたら、クロベエに恥じないように生きて行こうと思った。ずっと以前、ゴハンをあげていた公園の野良ニャン達との出会いと別れがあった時にも思ったけど、本当にこの子達は色々な事を教えてくれる・・・。

クロベエをいつも暖かく見守って、心配して下さってる方々もありがとう。

余談ですがクロベエと過ごしながら、ふと自然と口ずさんだのがLords Of The New Church(好きだったの♪)の「Live For Today」・・・。


nice!(3) 
共通テーマ:ペット

黒3兄弟 [闘病記録]

 久々に揃い踏み 黒3兄弟
nice!(0) 
共通テーマ:ペット

静かにゆっくり・・・ [闘病記録]

週末病院へ行き、顔面麻痺が出てからまた一段と食欲も元気も落ちてたので、体重も多少減ってはいるだろうと覚悟はしていたけど1.03kまでに落ちていた。最初の頃から良く見て下さってる先生からも、一回り小さくなって目もパッチリしてたのが、ハッキリ(ぼんやりした感じになってる)しなくなったねと言われ、このまま食欲、栄養状態が回復しなければもう危ないと言われる・・・。引き続きお薬とビタミン剤を処方して頂き、栄養剤も打ってもらう。栄養剤も毎日続ければ大丈夫かと言えば、やはり口から栄養を摂らないとダメとの事で、クロベエも特にこんな状態で病院へ連れて行けばそれだけ負担が大きいだろうから、やはり出きる限りお家で見てあげようと思う。今日も1日中じっとウトウトしてる感じで、体力も落ちてるせいかここの所お鼻もかなり悪く、何度も言ってるけど(自分自身にも言い聞かせる感じで)、あれもこれも分かってはいる事で、ある意味冷静に見つめてはいるけど、それでもやはりあとどの位一緒に居られるだろうとか、後からジワジワと色々な思いは沸いてくる・・・。

あの6月の顔面麻痺以来、全く口にしなくなったペレット。最近ではふやかしたペレットもあまり食べなくなってしまったし、先生からも何かクロベエが食べる物を見つけて、少しでもお口に入れないとと言われたけど・・・

 ・・・さつま君じゃダメかなぁ~

でも、さすがにここまで体重が落ちると危機感は感じ、自分からも写真のようにさつま君やお野菜その他もまだ少しは口にしてくれてるけど、半分無理やりって感じでお口の前に何度か持っていってもふやかしたペレットは口にしてくれないので、以前膀胱炎・ヘルニアと言われ食欲が落ちた時あげてたケア食にポカリスエット、ジュース、ぶどう糖等を混ぜ、固めの流動食にすると絶対に飲み込まないので、お水と同じ感じの状態にした物を仰向け(強制給餌)にして少し飲ませて見ている・・・。

 ポッカポカ~

今日は朝から気持の良い秋晴れで、お日様も出ていたのでひなたぼっこもさせてあげた。でも、お日様に当たってもお耳は冷たいままなので、窓を閉めてあげたら少しだけお耳も温かくなった。他の子達なんか、暖房いらずって感じでいつもお耳はホカホカしてるのに。

クロベエが今日はこんなもん食べたよ~とか、おバ○さんとおデ○さん(適切な言葉を当てはめて下さいませ)コンビの呆れる日々やその他載せたりはするかもだけど、また元気です報告が出きる事を願って、特にお休みするつもりもないんだけど、クロベエの事も見てあげたいし、他にも色々やる事(早くも年内にだったりして)を片付けたりと、暫しお暇しようかな(BBSはいつものごとく、お返事を兼ねてこちらから遊びに行く予定で・・・)。


nice!(4) 
共通テーマ:ペット
前の20件 | - 闘病記録 ブログトップ